EOS 60D

7Dより下、Kissより上にしっかり収まる形で出てきましたね。

過去のモデルより下克上の度合いが少ないように思いますが、それでもバリアングル液晶など、上位機にはないフィーチャーも搭載してたりして。個人的にはバリアングル液晶は欲しいような欲しくないような、微妙なところ。というのもEOSの場合、液晶を使うライブビュー撮影時は遅いコントラストAFしか使えないので、チャンスに弱いのです。私自身はライブビュー撮影は動画撮影時くらいしか使いません。まぁでもあればあったで便利に使えるとは思います。

操作キーは従来は丸ボタンがほとんどだったわけですが、今回は背面側にまるでIXYのような異形ボタンが並んでますね。EOSもずいぶんデザインの文法が変わったものです。

しかしこのテイストのまま5D Mark II後継機がきたら自分的にはかなり困惑しそう。いかんせん、5DIIのある意味コンサバなデザインに馴染んでしまっているので…。

そういやEOS2ケタ機にEOS Movieが搭載されたのはこれが初めてでしたね。もうとっくに載っていたような気もしていましたが、前モデル50Dは確かにEOS Movieは付いていなかったですね。

今回このクラスにも初めてCFカードからSDカードへの切り替えが行われたわけですが、マイクロドライブの時代ならともかく、もはやコンシューマ機はSDカードで良いと思います。端子数が少ないので信頼性が高いし、壊れにくい。そして何より安い。著名メーカーの16GBが3千円台ですよ奥さん。

60Dに関しては、後日詳しいレポを書く機会があるかも知れません。ないかも知れません。


Canon EOS 60D ボディを楽天の安い順で検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)