PowerShot S95 実機を見た感想

そういやPowerShot S95の実機を見た感想を書いていなかったので、エントリ。

まず気がつくのは塗装の質感の変更。ラバー系ではないが滑りにくい塗装がされている。背面の親指を引っかける突起が小さくなったのを憂いていたのだが、この塗装なら納得。実際、S90より落としにくそうな印象がある。

次に背面のダイヤル。S90の節操なく回ってしまうダイヤルに対して、適度なクリック感が設けられた。ただ、ダイヤルを無効化する機能があるわけではないので、誤操作がゼロになるわけではなく、あくまで誤操作の可能性が低くなる程度。でもS90よりは全然いい。

意外な変更点だったのはシャッターボタン。ここが変わってるとは、事前の写真では気がつかなかった(いや、私が気づいていなかっただけで、写真を見れば一目瞭然なんだけど)。S95のシャッターボタンの方が見た目は格好いいんだけど、実用的な押しやすさはS90の方が上だったかなぁ…と思う。

電源ボタン周りについては過去のエントリに書いたとおり、サイズまで変えることはなかったのにという気持ち。

Eye-Fi連動が搭載されたのも地味に嬉しいポイント。

最初からこの仕様で出してくれればな…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)