さようなら「せいざん」

もう広尾駅前からして自粛ムード漂う暗い街になっていて驚愕した西麻布ですが、もっとも、暗いのはここに限った話ではなく、いま東京全体が歩きにくいほど暗いですよね。

震災後1週間という速さで「せいざん」の閉店の決断をした @hitoshi 社長の経営センスはさすがです。もっとも、以前からこの地域ではフリー客が伸び悩んでいたことと、従業員は他の豚組グループに異動することで雇用は守られるということで、できた即決なのかも知れません。

さて話が大きく逸れました。今回の主目的は「4/10のせいざん閉店を惜しんで」ということでしたが、個人的には先日「豚組 しゃぶ庵」に行ったばかりと言うこともあり、見送る方向でした。しかしANAコーンが通常の3倍以上早く届いてしまったので、闇取引も兼ねて伺った次第。

yamitorihiki1

み、3つも…! Bさん今日これ持って会社に…!

yamitorihiki2

日本未発売のプレーイを遠巻きに囲んだり!

さらには通路を挟んだ隣のテーブルで私がたまに混ぜてもらっている某写真の会のメンバーがオフ会やってたり!世の中狭い!

もうね、料理のレポはBさんとかVさんの記事がすごく良くできてるのでお任せします。あっあとYさんの記事とか。

そう、豚組なのに魚が美味いんです。ここ。ちょっとスーパーではお目にかかれない厚さの鰹の刺身。さらに福島産の日本酒に筑波地鶏の唐揚げがこれまた…クゥゥ美味ぇ。

西麻布界隈とは思えないコストパフォーマンスの高さも魅力的でした。美味くて、安い。店員の教育が行き届いてる。フリー無線LANスポット。こんな店、めったにないんだからね。


定番 歌カラ ベスト3 北帰行/惜別の唄/さすらい(Amazon)

「さようなら「せいざん」」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)