A3のBピラー、台風でとどめ刺される

以前から塗装の水ぶくれが起きていたのですが、先日の台風のタイミングでついに塗装が剥がれました。Audi A3 Sportsback 2006年モデルのBピラーです。

Audi A3 Sportsback MY2006

うちの駐車場は屋根なしで、しかもこの助手席側は南面なので日照時間が大変長い。劣化するのも解らないではないですが、5年でこれでは…日本車にはあまり見られないタイプの劣化ですね。Audiは3年ごとに乗り換えている分には「高品質なクルマ」なんでしょう(毒

なお、残価設定ローンやAudi店での下取りを使うことを前提に、クルマのハードウエア代+整備費(ガソリン代は含まず)としてコンスタントに年額80万円程度のコストを割けるのであれば、A3クラスを3年ごとに新車にすることが可能です。
(逆に、10年乗っても結局は整備費が嵩み年額換算で60万円くらいはかかるので、だったら毎年+20万円追加して3年ごとに新車に買い換えればいいや、という判断も不思議ではありません。)

Audi A3 Sportsback MY2006

剥がれた塗装。パリパリしています。

市販の加飾フィルムなどを貼るという手もありますが、汎用タイプでも2,000~4,000円くらいする上、耐候性についても純正を越えられるとは思えません。

この塗装が剥がれた部分のプラスチック 部品、以前は1個1万円くらいすると聞いていたのですが、先日再度問い合わせたところ5千円くらいとのこと。交換も自分でできそうですし、純正パーツを注文することにしました。

まぁ先代のセールス氏にも「5年を過ぎたら毎年修理に平均5万円は覚悟しといて」とも言われていたので、5千円くらいかわいいものなのかも知れません。

うーん加飾フィルムの専用タイプだとこういうセットになりますか。3箇所揃えないと見た目に違和感あるってことなんですかね。

「A3のBピラー、台風でとどめ刺される」への3件のフィードバック

  1. こんばんは。
    これはヒドイ。

    覚悟して乗るべきなんですね。外車は。

    とは言うものの、ちと、なんとかならぬ?

  2. 塗装の剥がれではありませんが、かつてE36コンパクトはBピラーのフィルム(シール?)が剥がれるってのがありました。
    ボディ色によって、黒かボディ同色に塗るって対策がなされました。

  3. >>sakusanさん

    日本は過酷なんでしょうね。彼らに言わせると。

    >>e91-320iさん

    バラしてみたら金属だったので、こちらも「塗る」という
    選択肢もあったかも知れませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)