iCloud: Photo Stream写真とファミリー写真の共存

iCloudの主要機能の1つ、Photo Stream。リリース前は何となく「iPhotoのOTA(Over the Air)同期機能」くらいにしか思っていなかったのだが、実際に使ってみると、「iPhone/iPadで撮影した写真の」という前提条件が付くことが解った。

iOSデバイスで撮影した写真は、WiFiが使用可能なエリアに入るとiCloudに自動的にアップロードされる。iCloud上の写真はMacOSマシンのiPhotoや、iOSデバイスの「アルバム」に自動同期される。但し、iOSデバイスでは最新の1,000枚しか表示されないという制限がある。

私はiPhotoをメインのiMacで、ツマとのアカウント間で写真を共有するのに使っているのだが、iCloudを使うとこのツマも観るiPhotoに私のiPhoneで撮った写真が自動流入することになる。

別に観られて困るようなものは撮っていないつもりだが、ファミリー写真のアルバムにケータイのメモ的な写真が混じるのは煩雑だ。

iphone4s_dehanai

とはいえ、OTA同期自体は便利なので、少し考えて、年度別に分けているスマートアルバムの抽出条件に「iPhone 4Sで撮ったもの以外」というルールを加えてみた。

「イベント」ビューでは見えてしまうけど、共存案としてはまぁまぁのところに行き着いた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)