CP+ 2013 レポート(Part 1 主に日本初公開編)

1/31(木)からパシフィコ横浜で開催のシーピープラス2013に行ってきました。



某カメラメーカーの方から本日午前中のプレミアタイムに入場できるチケットをいただきました。
ありがとうございます。



何はともあれ日本初公開のDP3 Merrillを。
とは言っても、想像通りの出来です(笑



過去のDPシリーズ/SD1ユーザーへの新機種キャッシュバックキャンペーンも始まりますし、特定層に安定した人気を博しそうな気はします。



なんとSIGMAレンズ用のUSB DOCKがMac対応です。
この手のものはWindows専用が多いので、驚きました。



Twitterでお姉さんの写真を混ぜるよう指示されたので、SIGMAのお姉さんの写真を貼っておきますね(笑



さてお次はソニーNEX。
昨年末から私もNEXユーザーになったので、興味の対象はボディよりレンズに移りました。
さてこのレンズは?
E30mm F3.5 Macroと同じフードが付いていますが、それではありません。



正解は、これも初公開のE 20mm F2.8。
手タレはむっちーさん。



すごく軽量に仕上がっているレンズでした。
ボケ味も素直。
これはSIGMAの19mmと迷いますね。

プレミアムタイムにはハンズオンできたのですが、午後の一般入場時間帯からはガラスケース展示のみになってしまったという情報もあります。



さてこれは話題のPENTAX Q10 エヴァンゲリオンモデル。
ボックスアートも専用です。



叶うなら、映画に合わせてリリースすればもっと盛り上がったのではないかと…。
ただ、それでもすごい注目度でしたけどね。



EPSONのお姉さん。
マネージャーが割って入って、どういうわけか撮影可能時間がすごく断続的で短いんですよねエプソン(笑



これは隠し球。
ハッセルブラッドのNEXこと「Lunar」。
どうもソニーが中身だけ提供するようだということしか解っていません。
「光岡自動車」のようなものでしょうか…。



にしても、このDistagon、開発中のもの(未発売)ですよね…?



にしても、中身NEXに目を付けるとは…。
話に乗ったソニーも太っ腹だ。



「おお きやのんよ ちょくはんのみとは なさけない」と言われたとか言われないとかの、これも日本初公開のPowerShot N。レンズ周りのシャッターリングは、おもいのほかストロークが短かったです。勿論想像通り、押した瞬間に光学軸ブレします(笑 ですが、そんなの気にするカメラではありません。



面白いのは、iPhoneで撮影してエフェクトをかけるような機能がプリセットされていて、1枚撮るだけでオサレっぽい写真を複数のバリエーションで加工してくれること。これを使うと意外な発見がありそうですね。



これは発売されたばかりの、ハンドルを折りたためる3way雲台「MH293D3-Q2」です。3Way雲台はこの2方向に飛び出たハンドルが運搬時に困ることが多いですが…



こういう風に折りたためます。



折りたたみ機構部分。
意外とシンプルな構造なので、もうこれがデフォルトになればいいと思います。



Part2に続きます。

なお、本日の撮影はすべてEOS 5D Mark III + EF 24-70mm f/4L IS USM。
重いですが、やっぱりイベント撮影には強いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)