ヤマハPASのバッテリーをソフトウエアバージョンアップ

世の中は自動で走る車の話題一色ですが、あえて自転車の話題。
あ、でも動力ついた自転車か(笑

「ヤマハとブリヂストンサイクル、電動アシスト自転車のバッテリー性能で誇大広告」

この辺に端を発しているのかどうかは不明だけど、とにかく主にツマが乗っているPASのリチウムイオン電池にバージョンアップのお知らせが来た。手紙で。

pasbattverup

バージョンアップはPAS取扱店に持って行けばその場でやってくれるのだけれど、バージョンアップがあったとは手紙来るまで知らなかったなぁ。

「2008年~2012年のバッテリーご使用のお客様長期使用のお知らせプログラム」

バッテリーメーカーと共同で安全性を再検証した結果、当初想定した一定の使用期間経過後も安全性は確保されていることが確認できましたので、バッテリーを使用出来なくするプログラムから「長期使用のお知らせ」を表示するプログラムに書き換えいたします。

…何ですか、それ…。
「突然使用できなくなった」というクレームが多かったのかなぁ。これ、ヤマハ発でもお客さん発でもなく、販売店発のクレームのような気がする。傾向的に「おかしい」と体感しないとクレームは付けられないだろうし…。


YAMAHA(ヤマハ) リチウムLバッテリー 8.1Ah X60-02 ホワイト 90793-25115(Amazon)
外形は一緒だから、Sバッテリー搭載車でも買い換え時はLバッテリーにできるんだよね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)