MacOS X Yosemite用の Photos が楽しみ

今朝未明にいろいろ発表されましたが、私が最も気になったのは、来年の早いうちに実装されるというMacOS X向け「Photos」。

photos_osx

やれiPhoneとMacの連携だ、家族間のアプリの共有だ、とか言っても、実は「10,000枚の写真の家族間での共有」はMac/iPhoneを持ってしても難儀するところ。

たとえば我が家のiMacでは、家族写真はiPhotoで管理しています。また iMacには、私のアカウント、ツマのアカウント、子供たちのアカウントの3つが作ってあります。

iPhotoに入れた写真をこの3つのアカウントから参照するには、iPhotoのデータ(iPhoto Library)を共有フォルダか、外付けHDD、またはNASに置く必要があります。しかし誰かがiPhotoを起動したままだと、それ以外のユーザーはiPhotoを起動することが出来ないという問題があります。

keikoku_iphoto_lock

また、NASに置いたiPhoto Libraryのアクセスは重くて実用に耐えません。

新居に越して一息ついたら、2FのiMacの他に1F座敷に21inchのMacを置きたいと思っていますがそこから2FのiMacの10,000枚入ったiPhoto Libraryにどのようにアクセスするの?という問題も、快適なアクセスができる解が見つかりません。

何か定期的にミラーリングするような仕組みを起動しておき、2FのiMacから1FのiMacに定期的にミラーリングするのが、写真の閲覧には快適だと思いますが、1FでiPhoto使用中にミラーリングプロセスが動き出したらどうなるのかなど、課題があります。

そのあたりが「Photos in OS X」アプリ、そしてiCloudで解決されることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)