THETA S

予約して発売日に購入したTHETA S、現在でも品薄状態が続いているようだ。以前の住まい…アパートでの生活を記録したくて初代を購入し、二代目m15が出たときにはあわよくば多少なりとも画質が良くなっているのではないかという片思いは破れ、ようやく本当に高画質化した三代目「S」が出たときには無条件で飛びついた。



充電にクセがあるのか、AnkerのPower IQテクノロジーを搭載した電源では充電できないようだ。なので、いつもMacに取り込んだらそのまま繋ぎっぱなしで充電するようにしている。

動画が長時間撮れるのも面白い。画角の設定がアバウトで良いので、GoProのようなウエアラブルカメラとは違う使い方ができる。Wi-Fi経由でスマホでプレビューもできるようになったので、厳密な向き調整も不可能ではない。

パーソナルなライフログデバイスとして使うことが多いので、公開できるようなサンプル画像はあまりない。下の写真は「iPhoneケース展」の日の赤レンガ倉庫前。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)