iPhoneバッテリー交換 断られる

手持ちのiPhone 6が、バッテリー残量が充分あるにも関わらず突然シャットダウンしてしまい、USB充電を繋ぐと一瞬で電源が落ちる前のバッテリー容量に復帰するという症状に悩まされていました。

まぁこれ、典型的なバッテリー劣化ですよね。

20のコピー

一応、「coconutBattery」というアプリで予め充放電サイクルカウントを確認したところ、423回。まぁ劣化しててもおかしくないレベルです。容量の劣化は上のツールではよく分からないですね。Maximum chargeの値をDesign capacityで除すれば劣化度が出るような気もしますが、Maximum chargeの値に幅があるのが何とも解せません。

まぁ、どっちにせよ423回ですからね。ハズレ個体なら423回も充放電すればストンと落ちることもあるでしょう。

最近ビックカメラでもiPhoneの修理(その場で修理)を始めたと聞いたので、予約を入れた上で職場の近くのビックカメラに向かいました。

保証期間を過ぎているので有償である旨の説明を受け、店頭の診断機に掛けたところ…劣化はしているものの、アップルが定める正常の範囲。この状態だと、たとえ有償でもバッテリーの交換はできないのだと店員は言います。

「直営店(Apple Store銀座など)であれば裁量で修理を受けてもらえる可能性もありますが、ここは代理店なので…アップルが定めるルールでしか修理できません。本体交換と言うことであればお受けできますが…その場合、37,584円かかります」

冗談じゃない。バッテリー交換で3.7万円ってクルマじゃないんだから。
そんな訳で、すごすごと帰ってきました。

しかし有償でもバッテリー交換して貰えないって、知りませんでした。

この件があったので仕事を早目に切り上げた上に、修理カウンターを5分で追い返されたので、家族で夕食を食べることができました。

おしまい。

「iPhoneバッテリー交換 断られる」への2件のフィードバック

  1. ビックのアレはちょっとアレですよ。担当者の知識量もアレですし。
    素直にアップルストアがよろしいかと。(でも遠いんですよね…)

  2. アレって(笑
    ビックは通勤途中にあるので、寄りやすいんですよね。
    銀座ですと+1000円(電車代)+1時間(往復移動時間)かかりますし。
    でもまぁ、診断機自体は同じの使ってるんでしょうから、たぶん正常では
    ないけど、気にすんな、というレベルだと思ってiPhone 7を待ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)