PG 1/60 ユニコーンガンダム 作業進捗

PG 1/60 ユニコーンガンダムの進捗です。まだ武器です。本体に辿り着いていません…。ビームガトリングガンのシルバーの差し色のところがどう塗っていいか分からなくて、どれくらいの月日が経ったでしょうか。今日は3時間くらい作業しました。

 

特にここ、どうやってもうまくマスキングできない…。塗装剥がしを繰り返して、素地やエッジが汚くなってしまったので、バンダイから代替パーツを取り寄せました。

 

で、最終的に写真奥の方が納得できたものです。(手前の1つは失敗品)

 

全体像。先端に近い部分の銀色は別パーツではなく、しかも奥まっているのでマスキングが困難。モデルグラフィック誌の作例とか、どうやって塗るんだあれ…とだいぶ悩みました。

 

銃口もディテールアップ。φ4のプラパイプの先端と外側を銀色に、内側を黒に塗ったものをはめ込んであります。これもφ4のプラパイプというマテリアルに到達するまで試行錯誤しました…。(ガンマズルとかも試しました。)

 

銃口のプラパイプを除く銀色の塗り分けのヒミツは、これ。塗り分けではなく、貼り付けですね。ここに辿り着くまでに(そして綺麗な形に切り出せるようになるまでに)何年かかったでしょうか…。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)