横浜・桜木町のロープウエイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

桜木町のロープウエイ「ヨコハマエアキャビン」に乗ってきました。本当に乗ってきただけ。搭乗目的。その構想を初めて聞いたときには「いやいや、みなとみらい上空をゴチャゴチャさせるのやめようよ…」と否定的だったのですが、できたのを見てみると、なんというか「昔想像していた未来」の香りが少しすると言うか…。ロープウエイ自体は枯れた技術ですが、これが観光地兼都市の真ん中にあるというのはかなり未来的です。しかも山を登るわけじゃないし、高低差ないし。

これは100年後にはもうないと思いますが、写真や動画を見返してノスタルジィに浸れるやつですね。「うわー、昔っぽいwww」みたいに。

なおゴンドラは8人乗りですが、現在は感染対策で1組1ゴンドラで運用されており、乗るまでは長いですが乗ったら貸し切り感を満喫できます。窓はプライバシーガラスになっていて外からは見えにくく、中からは見えやすくなっています。

場所は桜木町駅前広場から、ワールドポーターズ(イオンシネマのあるビル)まで。片道5分ですが、今日は桜木町側の乗車待ち時間が最高で70分に達したようです。私は駐車場の関係でワールドポーターズ側で搭乗して、桜木町駅側で折り返して帰ってきたのですが、折り返す場合でも一度降りて行列に並ばなければなりません。折角なのでスタバで何たらフラペチーノを飲んだあと、ムスメが映画館でチラシが欲しいというのでブルク13へ。目的のチラシをゲットしたところで待ち時間50分の搭乗列に並びました。しかし実際の待ち時間は30分くらいだったように思います。往復チケットを持っていると折り返し側の駅でほんの少しショートカットして乗れます。

そういえばブルク13の向かいのレストラン街が軒並み潰れていたのに驚きました。ブルクに来たのは1年以上ぶりですが、本当に飲食店ってこんな感じなんだ…。

ここ、レストラン街でしたよね…。

 

さてロープウエーの方ですが、見慣れた景色を見慣れない角度から眺めるのはなかなか良い体験でした。料金は片道1,000円、往復1,800円と安くはありませんが、みなとみらい上空を空中散歩する遊園地のアトラクションと考えればまぁそんなものかという気もします。何より子供たちの「わー」というリアクションがとても良かったので、元は取ったなと思いました。

すでにYouTubeなどに動画がたくさん出ていますが、撮影するならゴンドラが新しいうちが窓にキズもなくて良いのではないでしょうか。私もGoProで撮影しました:

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)