駅のアレ 完成

息子が「駅のアレ」を柱に取り付けて、一通り完成したようです。

 

私の父が生前、息子にあげていた木っ端を活用しました。たぶんどこかの家のどこかの建具の余り部材です。いや、土台の部材は相欠きの形状からすると実家の風呂の新築時の壁の余りか…?

 

息子曰く、「柱に取り付けたことで、スイッチを押したときの音の響きが本物に近くなった」とのこと。いや、普通、駅のホームにある本物の音なんか聞いてませんから…。

 

動作の仕組みを初めて知りました。ON中は発車メロディが鳴り続けて、OFFすると発車メロディが止まりアナウンスが1回だけ流れるんですね。本物もこういう仕組みなのでしょうか。

息子曰く、「費用か一ヶ月分の小遣いを超えたけど、一生使えると考えれば安い買い物だった」とのこと。一生使うんかい…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)