確定申告完了 MacでもiPhoneをマイナンバーカードリーダーにできる

確定申告が完了しました。申請したのは例によって医療費控除で、10万円以上の医療費を払った場合に10万円を超えた分の2〜3割程度(個人の税率による)が帰ってくるものです。

e-TAXでパソコンで行いましたが、今年の目玉はパソコンで申請する場合でもスマホをマイナンバーカードリーダーとして使えることです。パソコン画面に表示される2次元バーコードをスマホアプリ「マイナポータル」で読み込ませることで、マイナポータルで読み取ったマイナンバーカードの情報がe-TAXのサイトに自動転送される仕組みです。スマホで読み取った瞬間にパソコン側がそれに反応して画面遷移したりするのでちょっと感動しますね。こういった機器連携作り込みってAppleのお家芸だったので、まさかe-TAXでここまでやるとは思いませんでした。M1 Macでもちゃんとできましたよ。

Macの場合は最新のSafariが15.2ということで、動作保証しているバージョン15.1より新しいため警告が表示されるのですが、進めることは可能。予め医療費明細を所定のエクセルに入力しておいたので、申請自体は30分程度でできてしまいました。(余談ですが、医療費控除を受ける場合には同時にアフィリエイト収入等の雑収入も申請するのがルールです。)

そして申請完了時に、一般ユーザーに先行する形で、「公金受取口座登録制度」への登録をするかしないかの設問が表示されます。e-TAXを使わない国民には4月以降にアナウンスされるとのことです。なおこの紐付けを行うと7,500マイナポイントが付与されるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)