チームが解散したTimeCapsuleを継ぐもの

少し前のニュースになりますが、AppleがAirMacのチームを解散したというニュースがありました。

「アップル、Wi-Fiルータ「AirPort」の開発チームを解散か」

AirPort(日本では商標の関係でAirMac)はともかく、TimeCapsuleはどうするんでしょうか。個人的にはそちらの方が気がかりです。やはりAppleとしてはiCloudにバックアップを取って欲しいという意向なのでしょうか。しかしiCloudは2TBで2,500円、1年使うとTimeCapsule 2TBが買えてしまいます。おまけにiCloudバックアップは単なるミラーリングで、TimeCapsuleのような世代管理ができません。

そこで白羽の矢が立つのがBuffaloなどのサードパーティから出ているTimeMachine対応NASでしょう。たとえば、Buffalo LS210D0301C は 3TBで1.8万円、これにそこそこの無線ルーターを付けてもTimeCapsule 3TBの6割ほどの値段で買えてしまいます。設置上の見た目がスッキリしないことを除けば、悪くない選択肢です。

Appleは自社製品から「壊れやすい箇所」をことごとく排除してきました。壊れやすい部品を自社製品に抱えていると、どうしても収益を圧迫するからです。今回の「AirPort撤退」も、壊れやすい「HDD」は他社に任せて、自社はもっと美味しい商売がしたい——という意思の表れに思えました。

さて、私の手元のTimeCapsuleも5年目で、エンタープライズ用途だったらもう無条件に予防交換されている年数です。もちろん壊れても今すぐどうこうということはありませんが、最終世代となりそうな現行型TimeCapsuleを買っておくか、あるいは壊れるのを待ってからBuffaloなどに移行するか、悩ましいところです。

「チームが解散したTimeCapsuleを継ぐもの」への6件のフィードバック

  1. 分かります。
    私のTimeCapsuleも4年目になりますので。
    バックアップはFirewire接続のHDDとで二重に取っているので、
    突然死には対応出来ますが、次をどうしようかは悩みます。

  2. ReadyNASいいですよ。
    TimeCapsule互換機能
    外からアクセス可(webブラウザもしくは専用App)
    DLNAサーバ機能
    ウイルススキャン
    最廉価機種でも2ベイor4ベイ
    などなど機能考えると安いです。速度はそれなりですが。

  3. 「機能、性能だけでないところでAirMacを使っていた人間」なので、四年目に突入したTimeCapsuleを現行型に買い替えました。
    iMacをMacBookPro Late 2016に買い替えたので、iPhone、iPadと共に無線環境を11acに揃えたかったと言うのも後押ししました。
    後はNASを導入してTimeCapsuleに接続し、外部ストレージを無線化する予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)