iPad:今までのタブレットPCに足りなかったものが見える

今朝方発表されたiPad、用途を考えるのが非常に楽しい製品だが、個人的にはWiFiモデルをリビングで使うのが一番しっくりするような気がした。

日本での発売は未定だが3G回線に繋がるモデルもあるので、キャリアのやる気次第では提供される可能性もあるが、都市部の電車を中心とした移動環境、混んだ喫茶店などでは、プライバシー保護の観点から適度に画面が小さいiPhoneの方が使いやすいように思う。

一方、リビングにおいては家庭内の会話にネットが絡むことが増えており、画面を見ながら会話したいという場合においても、今まではデスクトップPCのある部屋に移動したり、ノートPCをよっこらせと持ってきたり、iPhoneのちっこい画面を一緒に覗き込んだりするよりも、会話を途切れさせずナチュラルかつスマートにネットを覗けるようになるはず。

iPad caseに入れてテレビの横に立てかけておけば、家族で色々楽しく使えそうだ。ああ、でもケースに入れちゃうと充電ドック(iPad Dock)に入らないかな。

価格は北米で$499~なので、たぶん今の為替レートだと47,800円~程度になるだろう。ソフトウエアも比較的安価に提供されるだろうから、Nintendo DSiにソフトを多数買うような家庭であれば、総コストは大差ないかも知れない。

リビングにコンピューターが入り込むって、こういうことなんだろうと思う。
「ただの大きくなったiPod touch」と見る向きもあるが、それってリビングコンピュータの1つの姿なんじゃないだろうか。

いままでタブレットPCはイマイチ普及しなかったが、それは単にPC用のOSのマウス操作をタッチパネルに置き換えたものだったからと思う。本当にタブレットPCの理想型を考えたとき、それはPC用のOSとは限らないし、PC用のプロセッサを積むとも限らない。iPadにはそこを根本的に考え直した跡が見える。

「iPad:今までのタブレットPCに足りなかったものが見える」への6件のフィードバック

  1. そこでちょっと気になるのがAppleTVの存在です。
    iBooksがAppleTVでも楽しめるようになると、本当の意味でシームレスな運用ができて良いと思うのですが…

  2. まさにまさに、そうなんです!
    そういう使い方をしたいときに、あの形やオペレーションはとてもスマートだと思うのです。
    キーボードやマウス(トラックパッド)なんて、そうやってリビングで家族みんなで覗き込むときには、とても無粋なものだと思うんですよねぇ。

  3. >>biomax

    いまビデオ見ました! やってましたね~

    >>Tak.さん

    え?iBooksをApple TVでですか?
    逆じゃなくて?(笑

    >>MIKAさん

    充電をもう少しリビング向きにして欲しかったなぁ…
    という思いはあります。

  4. iPad、リビングで使うにも便利かもしれませんが、不動産屋やファミレスなどで業務用端末としも需要があるんじゃないかなぁーと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)