Appleから出た色々なもの

Appleから色々出ました。あまり熱心に情報収集していなかったので、新しいApple TVが出るとか、iPhoneの小さいのは出ないとかくらいしか聞いていませんでした。

出た製品を眺めてみると、今のAppleというのは飛行機に例えるとエンジンを吹かして急上昇している時期は過ぎて、グライダーのようにゆっくり滑降するフェーズに入っているなぁと感じました。

■iPhone 6S
タッチパネルの表面ガラスの歪みを検出して、マウスで言えば右クリック的な機能を持たせた「3D Touch」が導入されました。押した感触を振動で返すのに「Taptic Engine」という、iPhoneの体積にしては結構大きなリニアモーター的なメカが搭載されています。(Apple Watchに付いているものと名前は同じですが別物です。)
一方で、この大きなメカを搭載したお陰でバッテリー容量が割を食っているという情報があり、大丈夫でしょうか。

■iPad Pro
Microsoft Surfaceの快進撃を黙って見ているわけにはいかなかった感が満載ですが、見た目こそ似ているものの、Surfaceは廉価版PCであるのに対して、iPad Proは豪華なiPadであるところがポイント。SurfaceとiPad Proをライバル製品として捉えて選んでしまうと、どちらを選んでも「こんな筈ではなかった」となる可能性がありますので注意した方が良いと思います。

■Apple TV
これが今回一番面白そうですね。リモコンはタッチパッドにマイク搭載とかなり電気食いになりましたが、Lightningコネクタによる充電式なんだそうです。記憶容量がiPhoneのように明確になったのもポイントで、従来はメモリ容量はスペックとして表に出なかったことから比較しても搭載されたtvOSはかなりiPhone/iPad的なOSになっているんだろうと思います。価格は下位モデルで$149とのことなので、日本円で18,000円くらいでしょうか。

Apple TVはいずれ買いそうな気はします。iPhoneは…6のままでいいかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)