2022春アニメ

例によって琴線に触れたものをメモっておきます。殆どがコミック原作があるのが興味深いですね。

■CUE!二期

一期が綺麗に終わったし、まさかそのまま二期に突入するとは思わなかったので油断してました。予約録画も止めてしまったので最初の方は録画できていません。一期は思いのほかラストでもらい泣きしたのですが、二期は今のところあんまり感動しないような…。

■SPY×FAMILY

これ絶対面白いやつ。原作コミックあり。ただ原作が終わっていないのでアニメは途中で終わるものと思われます。

■ようこそ実力至上主義の教室へ

異世界転生ものではないですが、やや未来の設定。原作コミックあり。中高生向きだと思います。ベタですが普通に面白い。撮影が容易そうなので、たぶんドラマ化もしそうな気がします。

■ヒーラー・ガール

突然歌うよ〜。森口姉さんが司会をしているアニソン番組「Anison Days」から生まれたユニット「ヒーラーガールズ」がアニメ化。「音声診療」が医療行為として成立している世界線の話で、ミュージカルアニメ。主人公グループの髪の毛の影の色が補色になっているのが斬新(例:赤い髪の影が緑色)。斬新すぎるためか影の色を塗り間違っているシーンも散見されます。

■カッコウの許嫁

原作コミックあり。「出生時に取り違えられた頭脳明晰な男子と容姿端麗な女子が親同士の策略で許嫁になったあとの高校生活ハーレムアニメ」と、一話で全部語りきってしまった感じ。2話以降は、もういいかな。

■サマータイムレンダ

原作コミックあり。これも予告の段階から面白そうな香りがプンプンしていましたが、本編を少し見た限りではタイムループものであることが分かり、珍しくない展開に少し残念。ただいつまでもタイムループしているとも思えないので、今後の展開に期待です。主人公は鬼滅の長男です。丁寧な作画の部類だと思いますが、「明日ちゃんのセーラー服」を観た後だと、場面ごとにバラバラなセーラー服の襟の線の太さと間隔が気になって仕方ありません。スプラッター場面が多いのでちょっと見続けるのが辛いです。

■恋は世界征服のあとで

原作コミックあり。主人公(男性側)の瞳が小さいデザインだったので「あー、あんまり絵が得意な作品ではないかな」と期待していなかったのですが、それを補って有り余るヒロインの魅力。ダークホースでしたねこれ。

悪の秘密結社の戦闘員「死神王女」は女子高生で、ヒーロー戦隊の「レッド」と実はコッソリお付き合いしているというコメディです。「淫らな青ちゃんは勉強ができない」「その着せ替え人形は恋をする」あたりに通じるテイストがあります。

自分は恋に縁があるような人間ではない…という強烈な思い込みに始まり、レッドとの恋に落ちるところまでの流れは鉄板ですが、制作スタッフが「視聴者が死神王女に恋するように」作り込んでいるらしく、この死神王女がやたらと魅力的です。

 

死神王女。

 

…の中身。

 

完全に恋する乙女の表情じゃないですか。悪の戦闘員よ。JK姿の時も口調だけは死神王女なのが可笑しい。

TV版の方は「レッドと死神王女の(普段着の)2ショット写真を、ヒーロー戦隊のピンクに見らつかった」というところまでですが、原作コミックはもう少し先の「ピンクがレッドがお付き合いいしている相手の正体を知ってしまった」というところまで無料公開されているようです。その後ピンクが取った行動は、ピンクがヒーロー戦隊に加入するきっかけになったある事件に影響を受けているのですが、イマドキすぎて泣けてきます。善と悪の戦いに見えて、実は悪い人はひとりもいない、という世界です。

 

「そんな話だったか?」→そうですねwww

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)