タニタの体組成計が(たぶん)壊れたので買い換え

2014年に購入したタニタの体組成計BC-313ですが、バッテリーの消耗が激しくなりました。家人が「1ヶ月くらいで電池がなくなる」というので、試しに「パナソニック・エボルタ」を4本入れてみたところ、エボルタでは2ヶ月持ちました(笑。

 

いや、「(笑」ではなくて、安物の電池で1ヶ月、エボルタでも2ヶ月しか持たないって明らかに電気漏れ(リーク電流増加)を起こしていそうなので、これは壊れていると判断。買い換えました。

8年も経っているのだからさぞかし進化しているだろうと思いきや、市場にある手頃な価格の機種は BC-314。型番が1つしか上がっていません(笑。まぁ若干古めのモデルゆえこのご時世ながら前回より200円くらい安く買えましたが。いま市場にはBC-314, 315, 316があるのですが、販路違いで同一機種のようです。その証拠に取説は合本です。

 

上が壊れたBC-313、下が新しく買ったBC-314です。できることはほぼ同じですが、細かな違いと言えば前回測定値からの上下を示す矢印がアニメーションするようになったことと、

 

毎日体重を測ると笑ってくれることです(;´Д`) なんだこれ…

ちなみに測らないでいると次に測ったときに悲しい顔になります。

BluetoothとかWiFi付き買わないの?とか思われてそうですが、体組成計に関してはサッと測りたいので無線接続で時間を取られたくないのです。数字をスマホでミッチリ管理しなくても、要は体重を減らせばいいんですよ体重を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)