メンテナンス明けのガンダムファクトリー横浜

長期メンテナンス後、初めてGFYに行きました。

 

とても暑い日だったので、水が蒔かれていました。給水装置ってどこにあったっけ?と思ったら、ドックタワー裏、または、会場出口付近から延々とホースを引っ張ってきていました。

 

ラボでソフトバンク5Gのコーナーがなくなっているのに気がつきました。このメンテナンス期間中に撤去されたとのこと。もっとも、本当に5G電波を使っていたのであれば、許可とかそっち方面の関係で期間延長しなかったのかも知れません。まぁ据置型ガンダムからの映像通信なので5Gの意味は感じなかったですけどね。代わりに置かれていたのは横浜ガンダムのCGをマニピュレータで操作するもの。確か何かの限定イベントで子供たちにやらせていたものと記憶しています。

 

飲み物を買おうと思ってトイレの前の自販機が撤去されているのに気がつきました。ガシャポンもなくなっていましたが、それは出口付近に移設されていました。暑い日の行列形成をこのトイレ前にするように変更したみたいですね。

 

えっ、こっちにも自販機がないです。これだけ暑いのに自販機撤去とか、信じられないですね。

 

代わりに売店で200円でペットボトル飲料が売られています。ディズニーランドだって自販機あるのに…。(まぁディズニーランドも自販機飲料は200円ですけど。)

 

このガンダムの右前にいる係の方が三脚に関するレギュレーションをアナウンスするのですが、この日は2名交代制で、1人は「三脚は広げないようお願いします」、もう1人は「三脚一脚は使用できません」と、アナウンスが統一されていませんでした。もっともこの日はガンダム向かって左側にもキッチンカーとテーブルが出ていたので、三脚を使う場所はなかったです。

 

付箋紙メッセージは、著名人のもの以外は撤去されていました。

 

売店へ。超合金は在庫を積上げしない方式に変更されていました。高価なので万引き防止なのか、パッケージの劣化を心配しているのかは分かりません。

 

エコプラに差し色を入れたもの。意外といいですね。エコプラなのに結構いい値段します。

 

売店の一押しは1/144 HMTガンダムでした。

 

HMTガンダム、写真では「これはないわ」と思っていましたが、ツヤ消しトップコートを吹かれた機体を見たら「いや、これはアリかも」と思ってしまい…

1つ捕獲してしまいました。まぁ一応背景もみなとみらい地区の夜景だし、記念にいいかと。なお定価は2,530円。アクションベース5(横浜)は770円で、合計で3,300円です。

軽く中身を確認しましたが、成型色変更ではなく、色替えパーツ追加方式ですね。

そろそろ「ランナーレス」ガンプラが実用化されないかなぁ。ガンプラの製作工程で何が面倒かって、ランナーからの切り離しですよね。それにランナーはリサイクルしないとエコじゃないし、だったら最初からない方がいいじゃないですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)