セブンプレミアム「金のハンバーグ」のボロネーゼ

セブンプレミアムの「金のハンバーグ」で作るボロネーゼが美味しい、とSNSで聞いて試してみました。

 

作り方は超簡単。チンする前の金のハンバーグを袋の上から押しつぶしてハンバーグを粉砕し、チンした後に茹でたパスタにかけるだけです。あまり細かく粉砕しないのがこのメニューならではの特徴を出すポイント。

 

食べてみました。

うん、まぁ、あれですね。市販のお弁当とかでハンバーグの下にパスタが敷いてあるものがあるじゃないですか。あれが巨大になったものというか。

金のハンバーグ自体、肉っぽさを出すためにあえて獣臭さとか、血の臭いを僅かに残してあるんですよね。パスタソースとしてはちょっとそれが前面に出すぎるかなぁと言う気がしました。普通にボロネーゼを作るときには挽肉の一粒一粒に直接火を通しますし、ハーブ類も入れるので、ここまで肉感が前面に出てくることはないです。

よって、粉チーズを大量に振りかけて、粉チーズの香りにして食べるのがいいかな、と思いました。

コストは麺(70円/100g)とハンバーグ(429円)で499円(粉チーズ含まず)。マクドナルドのセットよりは安く、吉野家に近いコストです。ミドルクラスのレトルトのパスタソース(ラ・ベットラなど)と比べるとパスタソース単価は2倍。まぁはまる人ははまるんでしょうか、私はもういいかなぁ…という印象は持ちました。

なんかこう、「石井のミートボール」を3袋くらいかけた方が美味しい気がする…。

 

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)