TOTOウォシュレット アプリコット 異音修理

自宅のTOTOウォシュレット(2014年型アプリコット)が2台ともオートパワー脱臭の動作時に異音を立てるようになってしまいまして、これはモーター交換かなぁとサービス部品を物色しても売っておらず。まぁもしかしたらホコリが噛んで異音を出しているかも知れないしと思ってバラしてみました。

以下汚い画像なのでダミー画像を1枚入れておきます。

 

2014年型アプリコットの分解方法ですが、(1)脱臭カートリッジの蓋を取り外す(2)本体後面中央にあるネジを1本外す (3)本体向かって右奥端の化粧蓋を外す (4)本体下面3箇所の爪をこじって外す(うち1箇所は(3)の化粧蓋の中)です。

 

脱臭ファンのモーター部だけドライバー不要で外せるようになっています。優れた設計です。ファン内に白いホコリが詰まっていますが、これがフワフワした軽いホコリではなく、ある程度の重さのあるホコリで、これによりファン回転に偏心が生じていたのが異音の原因でした。ファンの羽根自体はモーターから外せそうもなかったですが、カバーは外せるのでその状態で使い古しの歯ブラシを使ってミッチリ詰まったホコリを掃除します。

 

掃除したところ。これで組み上げて正常動作を確認しました。異音も解決。良かった良かった。

所要時間ですが1台目はいろいろ試行錯誤したので45分程度。2台目は勝手が分かったので15分程度で終わりました。

モーターを偏心させたまま使うと摩耗が進むので、可能であれば掃除はした方がいいように思います。修理依頼すると1台当たり2万円近くかかりそう。2台で4万円です。そう考えるとDIYでずいぶん浮かしたような気もします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)