RG RX-93ff νガンダム 完成

福岡ガンダムのガンプラ、RG RX-93ff νガンダムが完成しました。2週間前くらいには完成していたので、購入後2ヶ月半程度で完成したことになり、私としては異例の速さです(ぉ

 

福岡限定版のアクションベース5も一緒に購入しました。

 

塗装はノズル回りを中心に部分塗りしたのと、何カ所かペイントマーカーでシルバーの差し色と、ロングレンジ・フィン・ファンネルの青色部分だけ。あとは全体的にデカール保護の意味も兼ねてコートを。


ロングレンジ・フィン・ファンネルの青色の部分が現物で印象的だったので、色の再現に拘りました。

 

付属のデカールは指定されたものですら全部は貼っていません。特に青パーツに対してはデカールの余白部が目立ってしまうため、控えめにしました。

すねの側面の青い部分の先端(前下側)は可動して開くようになっているのですが、1箇所可動させていて折れそうになったので(折れそうじゃなくて折れたかも)そのままそっと戻しました。

後指定通りデカールを貼ると、腰の前側のアーマーの伸縮機構をオミットしてしまうことになってしまうんですけど、そこは説明書では触れられてないですね。(デカールに切れ目を入れてしまえばOK)。


超合金の広告でお馴染みのポーズも再現可能。RG組んだらこれがやりたかった。

 

このロングレンジ・フィン・ファンネル、垂直尾翼みたいな所を引くと全体が連動して発射形態に変形するというギミックが仕込まれているのですが、なぜそんなオモチャみたいなギミックを仕込むのか(笑。

トップコートはいつものグンゼのMr.トップコートに代わって、Mr.クリスタルカラー(XC01 ダイヤモンドシルバー)を吹いて、超合金風の質感を狙ってみたのですが、あまりよく分からないですね(笑 このカットのシールドのてかりなどで分かるでしょうか。

素のRG RX-93も未組立で積んであるのですが、もうこちらのRX-93ffの方で充分満足してしまいました(笑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)