iPhone 14 Proの過去最高に出っ張っているカメラを保護するNIMASOのプレート状レンズカバー

iPhone史上最高に出っ張っているカメラユニットをフラットにするプレートを装着しました。外周部分はケースで保護されますが、カメラユニット同士の間は何の保護もなく、iPhone12のあたりから「カメラが傷つくと言うよりは、カメラで他の携行品を傷つけてしまう」という問題が指摘されていました。

一方でカメラ全体を覆うようなアクリルやポリカーボネイト製のカバーもありますが、これらは明らかに逆光特性が悪化するので却下。ただですらiPhoneのカメラは伝統的に逆光に弱いのに、これ以上悪くしたくありません。

従って、カメラレンズ自体には何も被せ物をせず、カメラユニット間を埋めてくれるだけのプレートが欲しいのですが、それを作っているメーカーはあまり多くはありません。分かってないなぁ。

それを作るメーカーの1つがNIMASO。画面保護ガラスでいつもお世話になっているNIMASOです。

商品名は「NIMASO レンズカバー」と素っ気ないのですが、求めていたのはまさにこれです。アルミ製で軽量、両面テープで貼り付けるだけです。

 

厚みはカメラレンズよりは厚く、ケースの縁よりは低いという絶妙な厚さ。しかしこれが絶妙すぎて、なぜかカメラを下にして机に置くと「カツン」という金属が机にぶつかる音がします。でも上の写真の通り、レンズカバーはエッジから飛び出していません。

思うに、ケースは本革製ですので、多少たわむんでしょうね。下に向けておくと多少たわんで、NIMASOのレンズカバーが机に接触してしまうと。

でもこのレンズカバーは他の携行品への攻撃性も高くなさそうですし、1枚当たり500円と安価なので、カメラ回りの保護はこれに一任したいと思います。なお私が購入したiPhone 14 Proの色はシルバーで背面はホワイト。カメラ周りはまさにタピオカレンズですが、このプレートを装着することによりまったくタピオカではなくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)