ツヴィリング エンフィニジー ポップアップ トースター

15年目にして壊れたラッセルホブスのトースターの代わりのトースターを買いました。家族も気に入ってたみたいだったし、同じラッセルホブスでも良かったんですが、Amazonで10%オフクーポン配布中で結果的にラッセルホブスより100円安かったツヴィリングのエントリーモデルのトースターを買いました。エントリーモデルって言っても日本に流通しているのはエントリーモデルだけですし、見た目は結構おしゃんですけどね。

ツヴィリングってドイツの調理器具メーカーで、ゾーリンゲン地方にあることから通称ゾーリンゲンとも呼ばれることもあります。ロゴマークはこんな感じで:

ドイツで包丁など刃物を物色すると必ず目にするマークですが、日本でも見かけることがあるかと思います。

 

そのツヴィリングのトースター、こんな佇まいです。スクリーンセーバーに出てくる「フライングトースター」ではないですが、これはこれで素敵。

 

4枚切りブレッドが2枚セットできるのがポインツ。

 

ポップアップボタンと焼き加減調整ダイヤルは一体化。左にある3角ボタンは上から冷凍パンモード、温めモード、ベーグル(片面焼き)モードです。

 

もちろんパンの厚みによらず、ヒーターからの距離が両面等しくなるようにセンタリングされます。これはラッセルホブスも同じ。というか普通そうか。

電源コードホルダーが底面に付いていて、ある程度好きな方向から出すことができます。

 

パンくず皿はプッシュすると出てくるタイプ。

 

通電するとロゴマーク等が点灯します。焼き上がると勢いよくではなく、ソフトにポップアップします。初速は速いのですが、上の方の上がってくるとスローダウンする感じです。ポップアップした位置からさらに手動でも仕上げられ、小さいベーグルなどの取り出しに便利です。

 

焼きの具合はこんな感じ。写真上側がトースターにセットした上側になります。これはPascoの「超熟」の4枚切りなのですが、ちょっと上の方、トースターの寸法が足りてないですね。このパンの場合、横倒しにして焼いた方が良かったかも知れません。また、上の方に帯状に焼きが甘い箇所が見られます。エントリーモデルなので、こんなものでしょうか。

安価なオーブントースターと比較した場合のメリットは、焼き時間が早いこと、早いので外カリ中フワであること、連続して何枚も焼けることです(安いオーブントースターは2ラウンド目にサーモスタットが動作して焼けないことが多々あります)。デメリットはもちろん、具を乗せて焼けないことです。

我が家でパン食は日曜の朝だけ(たまに土曜の朝も)ですが、長い付き合いになると良いなと思います。

「ツヴィリング エンフィニジー ポップアップ トースター」への2件のフィードバック

  1. トースターでおいしく焼くコツは、予熱をすることです。あつあつのトースターにパンを投入するのです。内部の水分が外に飛ぶ前に焦げ目をつけるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)