タイムカプセルから出てきたカセットテープ

実家に帰ったら筑波科学万博(1985)の郵政省のタイムカプセルに放り込んだ、当時の家族の肉声が入ったテープが転がっていたわけだが。

テープ自体は、26年前に購入したナショナル(当時はパナソニックではない)のラジカセについてきた試供品。

再生しようとするが、うまく再生できない。

よくよくテープを見てみると、テープをヘッドに密着させるためのパット(テープ側に内蔵されている)が剥がれて落ちそうになっていた。

んー、新しいテープを1本買ってきて、テープを移植して、Macで取り込んでAIFF化でもしとくか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)