キャシャーン

原作はあまり記憶にないので、名を借りた別の作品つーことで観た。

…前評判がアレゲだったので別の意味で期待していたのだが、結構面白かったんですけど? お互いの言うことが至極ごもっともで、必ずしも善と悪で成り立っているわけではないところが今風。

んなわけで唐沢寿明ってまんざら悪役でもないのな。意外。結局、一番の黒幕はあのキンチョールのお爺さんつーことで? あのお爺さんたちの延命のために人体のパーツが大量に必要になり(うへぇ)、仕掛けられた戦争ってこと? いやー生理的にかなりキモい(汗

長時間観ると夢に出てきそうな世界観だから、DVDには取っておかない。1回観ればお腹いっぱい。よくもまぁ最初から最後まであのテンションと世界観を維持できることと、変なところで感心。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)