テレビなし生活

諸事情により、一週間ほどテレビのない生活を送ることになり、今日で3日目。医龍が見られない妻や、アンパンマンが見られないムスメに申し訳ない。

俺は平日は自宅滞在時間が短いので無責任なことを言うが、テレビなしの生活も新鮮でいいものである。静かだし、少し部屋が広く感じるし、時間にゆとりが生まれる気がする。副次効果として、ムスメがテレビなしで育った3LDKのプリンセスみたいになるかなと妄想してみたり。(←ないない)

テレビは別段修理に出しているというわけではなく、妻の実家にあげた。10年近く使ったテレビをあげるのはリサイクル費用がかかる昨今、嫌がらせ以外の何者でもないという噂もあるが、妻の実家のテレビは15年選手なので受け取って貰えた。

じゃあウチのテレビはどうするのと言う話になるが、やっちまいましたよ。Wooo W37P-H9000。「録画もできないプラズマなんて」の録画もできない方だね。 本当は32型で充分なんだけど、もう何処も32型のプラズマは作っていないのでやむを得ず。どうして32型がよいとなればAQUOSなりBRAVIAなりの液晶になるが、液晶はパソコン用としてはいいが、テレビ用としてはどうしても動いている部分が甘くなるし、塗り絵のような画質がどうも馴染めず却下。

最終的にMacBook(黒)にメモリ増設したくらいのお値段になって、店員にいやがられるほど交渉した甲斐があるって言うもの。まぁ交渉術は業務上、対クレーマーで鍛えられてるし。納期は1週間。プラズマ本体は在庫はあったのだが、スイーベルスタンドの在庫が切れていた。

まぁVieraのTH37-PX600と迷ったのだが、画質は甲乙付けがたいが、決め手となったのは(1)縦方向1080pixelパネルを積んでいる (2)比較的背が低くて圧迫感が少ない (3)GUIデザインが落ち着いている という点でWoooを選んだ。実家、弟の家ともに、パナのブラウン管ハイビジョンなのでパナは見飽きたというのもある。

また届いたらレビュー書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)