高校野球も終盤だが、デジタル放送では…

デジタル放送にはマルチ編成という機能があり、通常15Mbps(地デジ)~25Mbps(BSデジ)のビットレートで送信している映像のレートを半分にすることで、もう1チャンネル増やすことができる。ある日、ある時間帯だけ、通常はあり得ない地デジ012chやBS104などが現れるのだ。

…とは頭で判ってはいたのだが、この間初めて高校野球の予想外の延長に伴う012chの出現に遭遇したのだが、いや、正しくは011ch(NKH総合)を見ていたのだが、なんかすげぇ画質悪くて、テレビ壊れたかと思った。そりゃそうだ。7Mbps程度のハイビジョン映像なんだから。

でもこれがマルチ編成によるものだと言うことに3分くらい気がつかなくて。思い出せない、もしくはそもそもそんな規格を知らない人は、結構NHKに問い合わせちゃったりしたんだろうなぁと。

「マルチ編成」のマークでも画面の端に出した方がいいんじゃないかね? ああでもそうすると「あのマークは何か」という問い合わせが増えるか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)