クルマのキズ修正

先日のガム付着事件のときに作業ミスで付けてしまった擦り傷を修正。下図の黄色い丸の中のあたり。

kizu1

拡大するとこんな感じ。これでもコンパウンドで研磨した後である。研磨前はもっとクッキリハッキリしていた。

kizu2

ボンネットの方はいつ付けたか判らないが、たぶん洗車時に付けたキズ。下図の黄色い丸の中のあたり。普段の洗車は濡れ雑巾で拭くだけだしな…傷つくわな…。

kizu3

拡大するとこんな感じ。これでもやはりコンパウンドによる研磨後である。

kizu4

キズを消すためにあんまりクリア層を削ってしまうのも長い目で見るとどうかと思うので、研磨はこんなところで止めた。つか、疲れた。

コンパウンドはSOFT 99の「コンパウンド細目」と「液体コンパウンド9800」を使用した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)