これならiPodから乗り換えてもいい

Walkman A808

「ソニー、H.264動画再生対応の新ウォークマンAシリーズ」

いやー、iPodから乗り換えたいと思わせるウオークマンが出たのは初めてだ。ぶっちゃけビデオ再生機能がなくても乗り換えたいと思わせる。ソニーも戦い方が解ってきたのか、面白くなってきた。

iPod nano(2nd)を使って解ったのは、感圧式クリックホイールはnanoくらいの小ささになると使いにくくなること。歩きながらのボリューム調整なんか、とてもマトモにできない。だったら普通の上下左右キーの方がいいのではと思う。

ただし上下左右キーの場合は大量にカーソル移動させる場合に難があり、そのあたりの操作性のチューニングがどういう風に実装されるのか楽しみではある。

また、iPod nanoはデフォルトの音質はそこそこ聴けるが、少しイコライザを弄ると途端に破綻するのが残念。これではイコライザ機能はないに等しい。ソニーには「DSEE」や「クリアベース」などの音質エンハンス機能があり、ソニーの拘りからすれば音質も実用的であると期待できる。

底面のドックコネクタにもフタが内蔵されており、作りの繊細さが、さすが日本メーカー製であることを伺わせる。

iPodからの乗り換えのネックは、MacユーザならまずMacには非対応だと言うこと。転送のたびにブートしてキャンプするのも面倒くさい。

それとiTunes Storeで買ったコンテンツの処理。音楽なら音質劣化を覚悟でCDに焼いた上でソニーのアプリで再リッピングするという手があるが、曲数が多いと面倒だ。

俺の場合にはMac非対応というのが乗り換えに際しての最大の障壁。2番目の理由はnanoを買ってからまだ半年しか経っていないこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)