モノを与えて親をやっている気になっていた

100均の子供いすを愛用していた上のムスメ。PP(ポリプロピレン)製で、激しく安っぽい。実際安いけど。

あまりにも安っぽいので、「アンパンマン木製チェア」を買った。5千円近くした。

それとは別に最近、下のムスコ用に、780円(@アカチャンホンポ)の椅子を買った。中国製で、座ると「ポピュー」とか鳴くヤツ。

「ポピュー」が五月蠅いので、ポピューの元となる笛パーツを抜いたところ、座ったときの音が「フシュー」になった。

で、この「フシュー」と鳴く780円の椅子、ムスコ用に買ったつもりだが、実はムスメの方がお気に入りで、「アンパンマン木製チェア」より気に入っている様子。

「アンパンマン木製チェア」の質感は高く、「フシュー」椅子の約6倍の価格相応である。

高い椅子を買った親からすればアンパンマンの方の椅子を好きになって欲しかったのだが、ムスメの姿で、それは「子供にこんなにお金を使っている俺って、なんて立派な親」という自己満足に過ぎないことを知った。高級なものを買い与えて、それで親を立派にやっているつもりになっているだけだと。反省。

さて、その780円の椅子の笛パーツの外し方。ここに入っているチューブ状のパーツを外し、

isu2

さらにそのチューブの中に入っているヒラヒラした弁を抜く。これだけ。

isu1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)