バッテリー事業はリスキーだという認識が拡がったら?

空前の規模、松下直撃 気づかず1年製造 携帯電池事故

4,600万個とはいえ、数百億円程度のリコールはやる会社だ。どうということはない。

それより怖いのは、ソニー、三洋、松下でこういう事態が続いたことで、「リチウムイオンバッテリー製造は割に合わない」という経営風潮になること。

日本のメーカーがリチウムイオン電池製造から撤退したら、あっという間にあの国が作ったバッテリーが世界の主流となろう。そうなったときこそリチウムイオンバッテリーは我々に幅広く牙をむくと思うが、どうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)