Yahoo! JAPAN が欧州から撤退する「法令」とは

Yahoo! JAPAN、欧州からの接続遮断へ 「法令順守の対応コスト面からサービス継続不能」

今日突然メールが来ましてね、珍しく報道よりより速かったので驚きました。

 

 

上記のITmediaの記事によると、

 サービス終了の理由についてヤフーに問い合わせたところ「法令順守のための対応コストの観点で継続不能と判断した。具体的な関連法令などは回答できない」と答えた。

とのことですが、なぜ関連法令が言えないのかは分かりませんが、これはGDPR(General Data Protection Regulation:一般データ保護規則)対応のことでしょうね。データが欧州にあるというだけで国籍関係なく規制の対象になり、また、そのデータを欧州の外に送信する際にも規制がかかります。あとはGDPRに付随する各国固有の細則。

GDPRについて詳しく知りたい方はこのあたりが参考になると思いますが、まぁとにかく対応しようと思ったら面倒くさい。行きすぎた環境規制同様、欧州の悪いところが出てしまった感じですね。できもしないことをルール化するの、本当に好きですよね彼ら。

そしてYahoo!クラスの収益を上げている会社だと、いざチョンボして罰金となると、二桁億円くらい徴収される可能性もあるんですよね。やってられないですよね。個人情報保護は重要ですが、Yahoo! Japanのように逆ギレして引き上げる気持ちはよく分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)