月刊アスキーの表紙の写真

新装した月刊アスキーの表紙、実写なのにミニチュアのように見える不思議な写真で毎回感心してしまう。いま手元にasciiはないのだが、記憶を頼りにアスキー表紙風写真を作ってみた。

アスキー表紙1

まず元画像。俯瞰写真がなかなかないのでHDDの中を漁ってようやく発見。田舎者がランドマークタワー展望フロアから撮影した横浜の桜木町駅。クリックすると横700ピクセル程度に拡大。

アルファチャンネルを作成して、被写体深度が浅い感じに「ぼかし」フィルタをかける。「シャドウ・ハイライト」でシャドウを持ち上げ、「明るさ・コントラスト」でコントラストを低めに、明るさを上げる。

で、2枚目のような感じに。クリックすると拡大。記憶が頼りなんで、ちょっと違うか? 実際はTS-Eレンズとかで撮影してるのかなぁ。

アスキー表紙2

【追記】
MacBSさんから件の写真は「本城直季さん」という方の作品であることを教えてもらいました。そうそう、これですよこれ。Photoshop使わないで撮影時にアオリにしちゃうんですね。

さらに「風景写真をミニチュア写真に加工するには」というページもご紹介いただきました。うひょーこれは濃いページっすね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)