ビリボ、子どもたちが思い出したように遊んでいる

ヨーロッパでは教育現場でも採用されているという「ビリボ」。形を見ただけでは何をするためのものかさっぱり不明だが、このオモチャの真骨頂は、子どもたちが自由に使い方を編み出す想像力をかき立てる点にある。

うちのムスメが3歳のときに与えてみたのだが、実はあまり興味を示さなかった。それでもこの2年間、仕舞うわけでもなくリビングの片隅にひっそりと置いてあったのだが、最近お尻を入れてクルクル回ったり、上に登ってバランスとったり、結構楽しんでいるようだ。帽子のように被ると、パーマンに見えなくもない(笑

思うに、ムスメが自分に自信が出てきた頃から、これでよく遊ぶようになったような気がする。これからどういう遊び方を編み出すのか興味深く見守っているところである。たぶんオトナは想像も付かないような用途に使うのだろう。

ムスコ(2歳)はさすがに中に入って回るのは怖いようだが、興味はあるようだ。尖っている部分がないので、2歳でも安心して預けておける。自分で買うに当たってはやや価格が高いかな?とも思うので、プレゼントなどに好適だろう。

ビリボ・オレンジ

ビリボ・オレンジ
パパジーノ 2005-06-25
売り上げランキング : 5392

おすすめ平均 star
star楽しい。かわいい。おもしろい。
starじわじわと楽しい
star一人でもごろごろ

Amazonで詳しく見るby G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)