PMBの書き出し機能があんまりです

ソニーのハンディカムに付属するPMB(Picture Motion Browser)では、継ぎ目のないシームレスの書き出しができるとのことなので、やってみた。但し公知として、字幕情報がなくなるというトレードオフがある。

seemless_disk

以下、解ったこと。

1.シームレス書き出しはディスクに対してしかできない。
2.VMWare Fusion上ではディスクに対して書き出しできない。
  BootCampならOK。
3.そして一番の弊害。
  書き出したシーンはディスク1枚につき1プログラムとなる。(えー

つまり3により、10/25、11/2、12/10と3日分を1枚のディスクにまとめて書き出すと、10/25のタイムスタンプのついた1本のプログラムになる。

ちなみにこれをブルーレイDIGAに持って行って分割しても分割後の日付もすべて10/25のまま。おまけに再レンダリングするせいか、DIGAにダビングして「分割」をしても、元のプログラムの分割点と数フレームずれる(つまりゴミが残る)場合がある。

3シーンある場合には、書き出しは3回行えと?(えー

【追記】2011.6.26
VMWare Fusion 3.1.3 + PMB 3.3.0.3152では、Fusion上でもディスク書き出しができるようになったようです。

ハンディカムシリーズを楽天で検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)