「このメニューは表示できません。外部ストロボが装着されています」

スピードライト(いわゆるストロボ)をテスト中のEOS 40D。

40D_repair_20090525

一見、スピードライトのようなものは装着されていないように見えるが、カメラメニューではしっかり外付けストロボが認識されており、内蔵ストロボの設定が出来ないようになっている。

そう、これがキヤノンが開発した、被写体の「撮影されている」という心理的負担が最小限になるように開発された新スピードライト「エアーストロボ 000EX」…なわけありません。・「エアーストロボ」はSAIKA准教授の商標です

40Dが故障したみたいです…orz

うーん、修理したらいくらかかるのかなー。

フラッシュ作動故障 \15,100 – \18,900

マヂデスカ。結構するなぁ…

そもそもどうやって外部スピードライトの有無を検出してるのかな。ストロボ側の電源がOFFでも存在を検出できることから、電気的に検出するにしても、何らかのパッシブ式…抵抗値検出とかやってるのかなぁ。でもそしたら常に端子に電圧を加えておかないといけないから、水しぶきがかかる機械としてはNGだよなぁ…などと考えつつ眺めていたら、なんかスイッチ状のものを発見!

40D_repair_20090525-2

板バネ状のものでスイッチ状のものを押しているように見える。だったらこの板バネを爪楊枝でグイグイと上に持ち上げてやれば…

40D_repair_20090525-3
40D_repair_20090525-4

治ったヒャッホウ!

約2万円の修理代金が浮いた!
ということは、この2万円で何か(←間違っている)

Canon スピードライト 270EX SP270EX(Amazon)

「「このメニューは表示できません。外部ストロボが装着されています」」への13件のフィードバック

  1. 私も同じ現象が起きました。
    そして、同じく爪楊枝で
    グイグイっと

    ありがとうございました!!

  2. 今日、私のEOS40Dに同じ問題が発生した。で、あなたのおかげで、解決することができた!!ありがとうございました!
    TURPINより

  3. 自分も60Dで同じようなことが起こりました。それと、この記事にお世話になりました。ありがとうございます!

    爪楊枝でなくても、ストロボを何度か着脱するだけで直るみたいです。

  4. 私もEOS60Dで、サンパックのストロボを使用して、同じ現象に遭遇しました。キャノンのカスタマーズサポートにメールでこの現象を報告しましたが、このようなアドバイスはなく、修理に出さないとだめかと諦めていたときに、このHPに出会い、同じようにつまようじで行ったところ直りました。本当に助かりました。感謝、感謝です。本当にありがとうございました。

  5. 40Dです。
    スピードライトを認識せず、ググってここに来てクリップでやってみたら、認識しました。
    助かりました。ありがとう!

  6. こんばんわぁ~初めまして。
    タイトルにある「このメニューは表示できません。外部ストロボが装着されています」の現象をそのままタイピングしたら
    こちらのサイトにたどり着きました。。
    EOS60Dですが、、とってもアナログな接点に
    21世紀なのかを疑問に思ってしまいましたが
    クマデジタルさんの記事に救われました。
    脱着時は、浮かすような形でつけたり、外したりするようにします。
    本当にありがとうござました。

  7. 私もEOS60Dで同じ現象がおきました。
    どうやらCanonのこのシューの仕様がヤワで使ってるうちに
    ヘタってくるような印象を受けました。
    私の場合、それだけにとどまらずアクセサリシューそのものが
    凹んでしまい外付けストロボが挿入困難になりまして、
    キャノンサービスでトップカバー交換になりました。
    さいわい保証期間でしたので無償ではありましたが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)