iPhoto フォトブックの画質が上がったらしいのだが

今年も年が明けたので、昨年1年分の子供たちの写真を選りすぐってiPhotoからフォトブックにしてみた。前回同様「ソフトカバー」の「中」サイズ、価格は1,260円、海外から送ってくるので送料はなんと900円である。

昨年初めて作ったときには画質にがっくり、もう作るまいと心に決めたのだが、Apple Support Disssionsの投稿で少し画質が改善したと読んだので少し期待して作ってみたのだが…うん、まぁ、一昨年と比べれば確かに画質は上がったが…新聞のカラー面の写真を見ているような粒状感は相変わらずだ。印刷関係の仕事に携わった経験のある方は「あの品質でもあの価格ならアリなのではないか」とは言うが、それはあくまでコストパフォーマンスの問題であって、日本人が写真屋さんのプリントに期待する画質じゃないわな。

この品質で送料込み2千円超、と聞いたツマの眉毛は8時20分を指していた。それだけ払うならL版プリント35円/枚+市販のアルバムの方が良いと言うことだろう。

iPhotoで作ったアルバムはPDFファイルで書き出せるようなので、それで自分のプリンタで出力する方法もあるんだろうけど、耐久性が。

「キヤノン ピクサスフォトアルバムセット 」なるものもあるが、子供がアルバムを見るとき、くしゃみでつばが飛んだり、飲み物を垂らしたりと、水滴に晒されるケースが多いため、やはりインクジェットプリンタ出力では向かない。L版プリントを貼り付ける普通のアルバムが最強かも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)