フレッツ光:一部地域限定だけど200Mbpsでも同じ料金

NTT東日本のWebページをつらつらと眺めていたら、いま「Bフレッツ」(速度最大100Mbps)と、「フレッツ光ネクスト」(居住エリアにより最大200Mbps)って同じ料金なんだね。へぇ~。これは対象エリアに住んでる人は普通のBフレッツを選ぶ意味は見いだせないな。

ただし、いまBフレッツを使っていると、乗り換えに工事費がかかる…
NTT東日本:「Bフレッツからフレッツ 光ネクストへ変更時の工事費について」

Bフレッツ:ハイパーファミリータイプから光ネクスト:ファミリー・ハイスピードタイプへの変更で11,340円かぁ。結構するなぁ。ちょっとペイしない感じかな。ルータのWAN側がGbE(1000BASE-T)に対応した機種に交換しないと無意味なので、そこの出費もあるわけだし。

「フレッツ光ネクスト」になるとIPv6になるけれど、たぶんユーザー側としてはよほどトリッキーなサービスを使わない限り意識する必要はないはず。

転居を伴えば工事費はかからないようなので、その時にでも検討しよう。もっとも、「フレッツ光ネクスト」のサービスエリアに住めるかどうかが、むしろ問題だけど(笑


やさしい次世代ネットワーク技術―NTTのNGNを理解するために(Amazon)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)