縦位置ムービー

ムービーで縦位置って一般的じゃない。その原因の1つはビデオカメラメーカーが積極的にソリューションを提供してこなかったことも理由の1つだと思う。

でもいま毎日大量に縦位置ムービーが生成されている。iPhoneで。

tateichi_movie1

ビデオカメラに限らず、カメラにとって大事なのは、高画質でも長時間録画でもなく、その場面に出会ったときにいつでも撮れる状態にあること。撮れたか撮れなかったかは、高画質か低画質かという問題よりよほど大きい。その意味ではiPhoneは最強と言える。常に持ち歩いてるし。

しかしiPhoneの特徴は普通に撮るとムービーが縦位置になること。こんなの撮ったはいいけどどうやって扱うの…?とビデオカメラを少しかじった人なら思うかも知れないが、イマドキの動画編集ソフトはそんなの気にしない。iMovieに取り込むと…

tateichi_movie2

iMovieに取り込むと…おっとこの画面じゃないや、

tateichi_movie3

iMovieに取り込むと…ほら、期待通りに取り扱われる。

これが普通の感覚であり、ワールドワイドで受け入れられる水準なんだよなぁ。


iLife ’09(Amazon)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)