土屋鞄のランドセル2011、カタログ受付開始

下の子の幼稚園で無料配布されていた雑誌の広告によると、既に土屋鞄製作所の2011年(つまり来年の新1年生)向けランドセルのカタログ受付がスタートしたようだ。

tsuchiya2011

カタログ請求フォームはこちらから。

人気モデルや限定組み合わせ色は発売開始後(たぶん9月前後)1ヶ月経たずに完売する場合もあるようだ。来年狙っている方はタイミングを逃さないようにしたい。

tsuchiya2011-2

上の子用に昨年買って1年使用したランドセル。コードバン艶なしモデル。大人用含め我が家で一番高い鞄だったりする(笑)が、まぁ使っているのがまったりとした女子というのもあるが、型崩れが本当に少ないと思う。これで6年間なんて潜在能力の3割くらいしか使用しないんじゃないかと思う。

iPadが電子教科書になればいい、そうすればランドセルは要らなくなる、いつまで子供たちに二宮金次郎を強要するのか、という論調がある。確かに遠い未来はそうなるかも知れないし、過剰品質/高価格なランドセルに反発する気持ちも解らないでもない。

しかし現状ではランドセルの中身は教科書だけではないし、リアルなランドセルの中身を知っていればこれが5年や10年で電子化されるとも思えない。それと両肩に均等に荷重をかけることは骨格の正常な発達にも重要なのではないだろうか。

土屋鞄製作所と言えば子供のランドセル目的で店舗を訪れて大人が餌食になることで有名な店。Webの写真は現物の迫力を伝え切れていないと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)