本気虎と書いてMagic Trackpad

届きました。

magic_trackpad1

Magic Mouse(通称マジクマ=本気熊)に対するMagic Trackpad(通称マジトラ=本気虎)。一体どこの動物園かという勢いですが。

magic_trackpad2

いやーもう、ジェスチャーの秀逸さと言ったらね。ホント良くできています。このパッドの存在意義はジェスチャーにあると言うくらい。表面の滑り具合も素晴らしい出来映え。こんな直感的に使える多機能トラックパッドがあったでしょうか、いやない(反語)。

現在、iMac注文時にBTOでこのTrackpadが選択できるようですが、MagicMouseなしでTrackpadだけの注文はできません。何か不都合があるのかと勘ぐっていましたが、弄ってみた限りでは特にMagicMouseでなければできないという操作はありませんでした。起動時のディスク緊急イジェクト含めちゃんとマウスの代わりで動作します。

各報道の通り、クリックボタンは実は裏のゴム足なんですが、これが左右別々に沈むことはなくて、両方いっぺんに沈みます。このあたりも気持ちいい操作感に繋がっています。

タップクリックをONにすれば、ほぼ無音で操作できるので、マウスのカチカチ音が寝ている家族に対して気になると言うことであれば、検討の価値はあると思います。

但し、ログオン画面ではタップクリックが効かないのが気になりました。

MagicMouseとどっちがいいかと言われれば、どっちも長所と短所がありますね。スワイプはどう考えてもトラックパッドの方がやりやすいですが、ドラッグはマウスの方がやりやすいです。マウスを完全に置き換えるかというと、そんなことはなさそうですね。


Apple Magic Trackpad MC380J/A(Amazon)

「本気虎と書いてMagic Trackpad」への4件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)