iPhone 4 本革ケースは今回もPiel Frama

iPhone 3G/3GSのときも愛用していた、PielFramaのiPhone 4用ケースが販売開始になったので、早速注文しました。

piel_frama_4_4

iPnone 3G/3GS用のケースでもiPhone 4は何とか入るのですが、やはりiPhone 4 専用品は液晶の位置がピッタリです。(3G/3GS用のケースだと液晶上端部が少し見にくくなります。)

piel_frama_4_1

iPhone 3G/3GS用とiPhone 4用の梱包箱並べ。
3G用は結構日焼けしちゃいましたね。

piel_frama_4_2

切り欠きの位置も変わってますね。横面に開いているのがiPhone 4用。

付属品もだいぶ簡素化されてて、3G/3GS用には付属していた液晶クリーナー(セーム革)や、謎のスプレーボトルは省略されています。

piel_frama_4_3

新旧比較。上のカメラ穴が大きいのがiPhone 4用です。

piel_frama_4_5

今回一番気になった変更点が、背面のベルトフックネジのダミーネジが外れやすいプラスチックから、金属製のキッチリとしたネジに変更になったこと。これはこれでいいのですが、机上に置いて引きずる動作をすると、金属ゆえ、置いた面がキズ付く可能性があります。MacBookなどに重ねて置く場合には気になるのではないでしょうか。やっぱりこれは外して(ネジ穴をむき出しにして)運用するのが正解かも知れません。

piel_frama_4_6

シットリとした本革の感触は、iPhone用ケースとしては、このメーカーならでは。
画面も保護するので、「長い傷が液晶面に。。」ということもありません(笑 <失礼

ちなみに3G/3GS用は半額弱でヤフオクで売れました。リセールバリューも高かったです。

「iPhone 4 本革ケースは今回もPiel Frama」への7件のフィードバック

  1. こんにちわ。毎日ロンドンからアクセスさせていただいております。僕はまだiphone3GSを使っていますが、iPad3G64GBには手を出してしまいました。今回のブログで質問があります。このPielFramaのケース、カバーのところに磁石がついているように見えます。これでカバーがきっちりと閉まるのだと解釈しています。で、iPhoneには方位磁石もついてますよね。この磁石で方位磁石は使えなくなりませんか?あとGPSなんかは影響受けませんか?教えていただけたら幸いです。不安だったのでiPadのケースを選ぶときに磁石を使ったものを避けたので。
    Yoshi

  2. こんばんは、いつも大変楽しく読ませていただいてます。

    すいませんが、僕も質問させていただいてよろしいでしょうか?

    このケース、フラップが上開きですが、
    カメラを使う時は邪魔になりませんか?
    それとも何か秘策が(笑)あるんでしょうか?

    結構気になるケースなので、
    もしよろしければお教えください!

  3. >> YoshiLonさん

    はい。内蔵コンパスは磁石の影響を受けます。内蔵コンパスを使うアプリを起動する都度、本体を8の字に回してキャリブレーションする必要があります。
    GPSは電波を使いますので磁石とは関係ありません。

    >>ハチさん

    カメラを使う際には、フラップを360°ではなく、180°開いたところで撮影する必要があります。でも面倒なので、撮影の際はケースから出してしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)