11inchか13inchかは想像以上に悩ましかった

今日、ヨドバシでMacBookAirに二度目の遭遇をした。当初は11inchにしか興味がなかったのだが、よくよく13inchを見てみると、これがまた凄く悩ましい存在であることに気がついてしまった。世の中で11か13かで悩む方は多いが、これは確かに悩む。

まずフットプリント(専有床面積)が実はさほど大差ない。11inchしか収まらない、というケースはそうそうないはずだ。前の座席を倒された特急列車のテーブルの上くらいで差が出るだろうか。

その割には画面の広さが結構違う。11inchは明らかにネットブックの延長にある広さだが、13inchの方は普通にメインマシンにもできる広さがある。

一方で重さが結構違う。260gの差というのは結構大きい差で、11inchの軽快さは捨てがたい。13inchもMacBookとしては軽いのだが、11inchはさらに「うわっ軽っ!」となる。

はたまたエントリーモデル同士の比較でも、CPUが1.4GHzと1.86GHzの差があったり、SSDが64GBと128GBの差があったりする。SDカードスロットがあるのも13インチの方だけだ。

そしてバッテリーの持ちが13inchは1.4倍だったりした上、エントリーモデル同士の比較で価格は3万円差。

つまりどちらも凄くハイバランスで、どちらを選んでもハズレはないのだが、一方を買ってもおそらくもう一方に対して未練が残るようなコンフィグなのだ。

これは悩むねぇ。
自分だったら悩んだ上に、やっぱ11inchかなぁ。

でもとりあえず車検とか家賃の更新料とかあるから大人しくしとこう…

「11inchか13inchかは想像以上に悩ましかった」への3件のフィードバック

  1. 私はMacBook Proがあるので、迷わず11インチなんだろうけど、モバイル自体のニーズが無い現状では、買うかどうかが悩ましいところです。

    ライバルはiPadとApple TV

  2. iPhone買ってからMBPを持ち歩かなくなってましたが、MBA11買ったら、あまりの軽さにモバイル復活しました(笑)実際、MBA11でも速度、画面サイズともにまったく困らないことがわかったのでMBP15は売却予定です。

    というか、MBA11って所有してるだけで理屈抜きにワクワクしちゃうんですよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)