L+キャンペーンの熱海「大野屋」民事再生法適用を申請

Gigazine:「ラブプラス」キャンペーンやローマ風呂で有名な「ホテル大野屋」、民事再生法適用を申請

L+キャンペーンが始まったときの大野屋Webページでの告知もおかしかったんですよね。

「最新情報」のところに「~と言うというゲームがあるらしいです」とまるで他人事。

これは老舗旅館ならではの、新しいものに迎合しない姿勢なのかと思っていましたが、今考えればどうも単純に組織が上手く回っていなかったようです。問題の表記は1週間程度?で消え、今ではバックナンバーからも見ることができませんが。


すごいお値段になってますな…

「L+キャンペーンの熱海「大野屋」民事再生法適用を申請」への2件のフィードバック

  1. 何度も行っことの有る熱海大野屋のニュースを聞いてびっくりしました!営業は続けるようなので安心しました(*^_^*)最近安売りが多いので10000円を超える料金は大変だと思います(-_-)

  2. 10,000円を超えるなら新しいホテル結構ありますからね…改装もしていない老舗は辛いですよね。
    あのひなびた雰囲気がいい、という方もいるとは思いますが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)