ノイズアイソレーション・イヤーピースが届いた

部品番号 4-259-055-01。

我が家から唯一交通費のかからない電気屋、ヤマダ電機に注文していたノイズアイソレーションイヤーピース(M)が届きました。ソニーの多くのカナル型イヤホンに装着可能な、ちょっと一工夫してあるイヤーピース。

NIE1

NIE2

その一工夫とは、中にスポンジが入っていること。ウオークマン標準装備のカナル型イヤホンはモノは悪くないんですが、さすがに付属品ということもあって、こういった細かいコスト掛けは行われていません。このパーツ、一応 MDR-EX510SL 用ということになっているようです。

このスポンジ、SHUREのイヤーピースや、市販の耳栓「イヤーウイスパー(ってまだあるのかな?)」に見られる密度の高いスポンジではなく、かなり密度の低い、反力の小さいもの。こんなの、ついている意味あるの…?と思いましたが、とりあえず聴いてみることに。

NIE3

なるほど、音の印象はやや重心が低くなった印象があります。同時に、高域も僅かに引っ込む印象。全体的に落ち着く傾向にあるようです。スポンジの入っていない普通のイヤーピースとどっちがいいかは甲乙付けがたく、完全に好みの範囲だと思います。

もっとも、このイヤーピースの主目的はその名の通り、「遮音」であって、音のチューニングではないんですが(笑)、遮音性能が上がっているかどうかは、正直良く解らなかったです。耳へのフィット性は向上するので、耳から落下しにくくはなりますね。

お取り寄せまでするほどのものか、と言われると微妙ですが、通勤通学途中に電気屋があり億劫でなければ、試してみるのも面白いのではないかと思います。
価格はペアで630円でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)