三脚固め

手持ちの三脚のうち、何気に使用頻度が高い…そう、ジッツオよりも使用頻度が高いのが、これ:

SLIK500G3-1

SLIK 500G-III。

僅か500g台の本体重量に、1m前後まで伸びる全高。風が吹けば倒れるような華奢な三脚なのだが、これが室内の物撮りに実は使いやすい。1/10秒程度のシャッターが切れればいいので、これで足りてしまうのだ。最近ではモデルチェンジを重ね、500G-7(Amazon)にまでなったが、ちと立派になりすぎたかも知れない。13年前の私の購入価格=1,980円を考慮すれば、むしろコンパクト2(Amazon)の方がグレード的には近い。

SLIK500G3-2

ところがそんな三脚にも欠点がある。ワンタッチ縦位置撮影ギミックを備えているがために、カメラ取り付け部のプレートがガタつくのだ。水平、垂直位置でロックされるのだが、そのロックが価格相応に精度が悪い。

SLIK500G3-3

ガタつくギミックなんて要らないと、13年目にして思い立ってしまった。
ギミックを接着剤で固定。現在、旧ザク(DSC-J1)を重石に乗せて大気圏降下中もとい、接着剤硬化中だ。

SLIK500G3-4

縦位置ギミックを固定してしまっても、こうすれば撮れなくもないし。

コンパクト2は元々縦位置にできなさそうだな…

「三脚固め」への2件のフィードバック

  1. ああ、そうそう、そんな感じです(笑
    確かオリオンで買ったのですが、
    なんか「とにかく一番軽くて安いの」という指名で
    買った記憶が…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)