TC-KA3ES、壊れる

2000年に購入したTC-KA3ESが、壊れた。
13年目なので、もうモノによっては充分廃品レベルだが…



綺麗な顔してるだろ…ウソみたいだろ…s(ry
まぁ13年間ずっと「♪風は南よ、キミも少しは」涼しい部屋に置いたらどうかね、というくらい暖かい部屋に置き続けたので、壊れるのは仕方がない。

でも、これだけ綺麗だと廃棄するのは忍びないよねぇ。
ソニー最後のESデッキだし。このクラスのカセットデッキはもう存在しないし。
「3シリーズって言ったって型番インフレで所謂実質222シリーズだろ?」という指摘には反論の余地はございません(笑 だって実売価格54.8kだったし、中身もそんな感じだし。でもそのクラスすら現存しないのがいまのカセットデッキ市場。

症状は早送り、巻き戻しはできるが、再生モードに遷移しないというもの。
有名な症状、モードベルトの劣化だ。



というわけで、ベルトは入手したのだが…。



どうも左ピンチローラーも加水分解するという定番の症状もあるらしい。



ピンチローラーを拭いてみたら…確かに加水分解しているようだ。

これは大掛かりだ。
もしキャプスタンまでバラすとなると、組み立て後再調整が要るだろう。これの再調整に必要な道具はさすがに持っていない。職場にはあるが、私物の修理はもちろん社則で禁じられている。

そんな折、ソニーを退社した修理エンジニアが、個人的に総合オーバーホールを有料で請け負っているという情報を目にした。

よし、そこにお願いしてみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)