スカイラインにダイムラーのエンジンを搭載

日本では500万円近いハイブリッドモデルだけが発売され、ターゲットユーザーは「年収2千万円以上、都内の高層マンションに住み…」と豪語して一部の失笑を買った?(笑 スカイラインが、ついにガソリンエンジン搭載モデルを国内投入。

しかもそのエンジンは日産製ではなく、ダイムラー製で、メルセデスEクラスにも搭載されているユニットなのだと言います。

skyline_200GT

さらにややこしいのは、そのダイムラー製エンジンは 秋には米国日産製に切り替わるそうで、そういう意味ではこの夏にオーダーを入れたガソリン車はかなりのレア車になるかも知れません(笑。(一目で見分けが付くかどうかは分かりませんが…)

さてそのスカイライン、街でもちらほら(本当にちらほら)見かけるようになりました。うちの近所だと、Audi A7に遭遇するくらいの確率のように感じます。

クルマにあまり興味のないツマが「えっ、これはなんてクルマ?」と目を惹かれたのが、最近ではこのスカイラインとフーガでした。ヒエラルキーで言えばもう1つ上にシーマというのがありますが、このシーマ / フーガ / スカイライン のテイストの統一感と存在感は、日本のメーカーも成熟してきたなぁ…という思いがあります。

しかしこの日産ハイエンド顔、いずれもほっぺたを親指と人差し指でつままれて、「あ?どの口だ?この口か?」と虐められている顔に見えて仕方なかったのですが(笑 プレミアムカーのデザインというのは1周回ってカッコ悪いくらいで丁度いいのだと思います。少なくともAudiのシングルフレームグリルをこねくり回して劣化コピーしているデザインよりはいいのではないでしょうか。

実車はハイブリッドモデルしか見たことがありませんが、スカイラインという名前が似合うかどうかはともかく、価格なりのオーラは出ています。あとは内装、特にコンソール周りの冗長(退屈)な線や面に意味を持たせられればいいのになぁ、と、買えもしないのに思う次第です。

でもガソリン車ならLEXUS IS 250より50万円も安いクルマには見えないなぁ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)